元気な赤ちゃんのために葉酸を摂取することが大切です

葉酸とは?

葉酸は貧血の予防に効果的な、肝臓エキスや酵母エキスを含んだ物質です。

葉酸を身体に蓄積することで、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患や、脳卒中、末梢神経障害のリスクを減らすことができます。
葉酸が不足すると上記の大病のリスクが強まる他に、貧血や食欲低下、酷い口内炎の発症、下痢を発症することがあります。

また、妊婦の方の場合、葉酸が不足すると、つわりが酷くなることが多々見受けられます。
つわりの他にも、妊娠4~12週間の間に葉酸が不足しがちの際、胎児の成長に問題を招くことがあります。

その代表的な問題として、二分脊椎が上げられます。この病は、胎児の脊椎が2つに分裂してしまうものであり、妊娠されている方は葉酸を含んだ食物を意識して食べるべきといえます。
厚生労働省は妊娠適齢期の女性に対し、葉酸の多く含まれている、ほうれん草などの緑黄色野菜や大豆などの豆類を食べることや、葉酸のサプリメントから、1日に400μgの葉酸を摂取することを呼びかけております。

一方、葉酸を過剰に摂取し過ぎると、ビタミンB12欠乏症による巨赤芽球性貧血の診断が難しくなるとされております。
しかし、この病気を発症するのは主に高齢の方が多く、弱年齢の方に見られることは極めて少ないです。

葉酸サプリメントとは?

葉酸サプリメントは薬ではないです
サプリメントと聞くと、薬のように考えてしまう方もおられると思います。

確かにサプリメントの中には薬に分類されるようなものも存在します。
しかし、葉酸サプリメントは、普段の食事からは摂取できない葉酸を、補う物です。よって、葉酸サプリメントは薬というよりも、食事補助剤と考えるべきでしょう。
現在市場にはたくさんの葉酸サプリがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
各メーカーの葉酸サプリを価格や成分などの視点から是非比較してみてください。
参考記事→葉酸サプリメントの選び方

葉酸と妊娠の関係

葉酸が最も必要なのは、妊娠適齢期の方です。
葉酸は、妊婦さんの健康と胎児の神経器官の発達の手助けをしてくれる、栄養素のひとつとして注目されています。
葉酸は体内に蓄積されてから効果を発揮するまでの期間は約1ヶ月といわれております。
よって、妊娠を考えているのでしたら、常日頃から緑黄色野菜やレバーなどから葉酸を摂取し、足りない分は葉酸サプリメントで補い、妊娠に備えるとよいでしょう。

葉酸サプリメントの摂取方法

葉酸サプリメントは主にタブレット型の物のことを指します。
葉酸サプリメントは、食後30分以内に決められた量をぬるま湯と一緒に服用することがよいとされております。

1日1錠タイプの物が多く指定がなければ、朝食後か夕食後の30分以内に飲むことをお薦めします。
1日2錠タイプの物でしたら、朝食後に1錠、夕食後に1錠と、自身で時間を決め、その時間に毎回摂取するという方法をとるとよいでしょう。

PAGETOP
Copyright © 葉酸.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.